インドネシア政府認可のもと、マングローブ植林保全事業を行っています。

日本語 ENGLISH


企業・団体の森育成

ワイエルフォレストは、企業・団体様のCSRやSDGsなどを目的としたマングローブ植林をサポートしております。
インドネシア共和国でのマングローブの植林地の選定・確保から、現地交渉、植林作業及びその後の管理と定期報告などの現地業務を請け負っております。

 

企業・団体様からのご要望や規模に合わせて、プランをご提案させて頂きますので、お気軽にお問い合わせください。

 

植林プランの例

1:恵みの森づくりプロジェクト

植林地  :インドネシア共和国南スマトラ州バニュアシン県ムアラ・スギハン区

植林形式 :シルボフィッシャリー形式でのマングローブ植林

植林面積 :最大3,000ヘクタール(30,000,000㎡)

※ユニット区画ごとに請け負っています。

SDGs貢献 :SDGsの 1、2、6、8、11、12、13、14、15、17 に関連。

 

詳しくはこちらから>>恵みの森づくりプロジェクト

 

 

 

2:その他

上記の例1以外にも、干潟の新規植林やシルボフィッシャリー形式を中心としたマングローブ植林を、個別でご対応もさせて頂きます。

 

 

シルボフィッシャリーの詳細はこちらから>>シルボフィッシャリー事業

 

小規模や個人様のマングローブ植林についてはこちらをご覧ください↓
地球にマングローブを!!プロジェクト ~子どもたちに贈る未来の地球~

 

 

森づくりサポートを行っている企業・団体様

(敬称略、五十音順)

 

共栄船渠株式会社(共栄の森)

 

リコージャパン株式会社(リコー  ビンタンの森)